運動会で流れる定番のクラシック曲集


2015-04-08_234656

運動会で流れる曲って
聴くとなんであんなにそわそわするんでしょうかね?

やっぱり【競う場】でもある運動会には
心理的に急かす要素がる曲があってるんでしょうね。


みなさんもきっとどこかで聴いたことがあるはずです。
実は名曲揃い。


運動会に限らず、テレビ番組やCMで使われてたりするので
「あ~~!!」
と思わず唸ってしまうのでは。


では、そんな名曲揃いの運動会ソングを
ご紹介していきましょう!


Top Photo by:http://kawamataseikotuin.com/blog/archives/7569

 

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-2455099977857761"
data-ad-slot="5252179930">


 



組曲「道化師」 第2曲 ギャロップ



1939年にドミトリー・カバレフスキーが作曲した組曲です。
運動会の大定番ですね!


これ聞くと思わず
「走らなきゃ」って気持ちになりますね 笑







 


天国と地獄



ジャック・オッフェンバック作曲の大ヒット曲。


これは誰もが知ってますよね!


CMで何度も聞いてるはず。

そう、文明堂のカステラですね。


 

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-2455099977857761"
data-ad-slot="5252179930">


 

ウィリアムテル序曲



イタリアの作曲家ロッシーニの作曲したオペラです。

オペラ作曲家の中でも特に人気の高い作曲家ですね。


フランス料理の【ロッシーニ風牛ヒレ肉のフォアグラ添え】
の名前の由来なんだそうです。





 


ビゼー歌劇「カルメン」より「前奏曲」



フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーによる全4幕のオペラです。

この曲もテレビ番組やCMでよく使われてるので、
一度は聴いたことがあるはずです。


 





クシコスポスト ネッケ



ドイツの作曲家ヘルマン・ネッケの代表曲です。

とっても有名な作曲家なのですが、
ネッケの曲はこれ以外残されていないようです。


 


トレパック(ロシアの踊り)
バレエ組曲「くるみ割り人形」より



かの有名な作曲家チャイコフススキーのバレエ音楽の中の一曲。



 

見よ、勇者は帰る



これは分かりますよね!
 
そうです、表彰状の時のやつですね。

今までの曲が早いテンポの曲ばかりだったので
これ聴くとなんだかほっとしますねー

 

あとがき

いかがでしたか?

聴いてみたら、あ~あれねって感じで
思い出しますよね。


楽しかった思い出や、
ちょっとほろ苦な思い出もきっとあったことでしょう。


でもやっぱり運動会のお弁当は最高ですよね!


なんであんなに美味いんだろう?
走った後だからでしょうか。

すべてを帳消しにしてしまうチカラがありますね。

 

さておき、こちらで運動会ソングを覚えたら、
お子さんに「この曲はチャイコフスキーだよ」って
ドヤ顔でいってみてくださいね 笑


では健闘を祈ります。







 

スポンサーリンク
style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-2455099977857761"
data-ad-slot="5252179930">


コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ