東京都知事選挙2016の立候補者一覧と政策まとめ


参議院議員選挙も終り、次は東京都知事選7月31日に控えています。

こちらでは、東京都知事選の全候補者の一覧と政策についてまとめています。

2020年には東京オリンピックも控えていますし、今後の東京都政を左右するとても大事な選挙でもありますので、最後までじっくりと考えて投票場に赴きましょう。

スポンサーリンク



東京都知事選挙の概要

投票日:7月31日
投票時間:午前7時~午後8時

(※檜原村、奥多摩町及び新島村では午前7時~午後6時)

期日前投票期間:7月15日(金)~7月30日(土)
期日前投票所:お住まいの区や市役所、町・村役場や出張所

(※期日前投票ができる日時は投票所によって異なりますので、お住まいの区市町村のお知らせ等でご確認ください。)


都知事選の立候補者一覧

今回の2016年東京都知事選挙の立候補者数は21名となっています。

小池百合子(無所属)

【略歴】
前衆議院議員。
環境大臣、防衛大臣、沖縄・北方対策担当大臣、内閣総理大臣補佐官などを歴任。

【政策】
  • 都政の透明化
  • 都知事報酬の削減
  • 待機児童対策の推進・規制見直し
  • 介護士・保育士の待遇改善
  • 街灯や公共施設のLED化
  • 7つのゼロ化(待機児童ゼロ、介護離職ゼロ、残業ゼロ、都道電柱ゼロ、満員電車ゼロ、多摩格差ゼロ、ペット殺処分ゼロ)
→小池百合子の当選結果速報はこちら


鳥越俊太郎(野党統一候補・ジャーナリスト)

【略歴】
京都大学文学部卒。
毎日新聞記者からサンデー毎日編集長へ。
2001年には日本記者クラブ賞を受賞。
関西大学社会学部教授などを歴任。

【政策】
  • コンパクトでシンプルな2020年オリンピック・パラリンピックの実現
  • 子供の貧困・待機児童の解消
  • ガン検診の促進や骨粗しょう症対策で健康長寿
  • 耐震化・不燃化の促進で災害に強い東京を実現
  • 希望するすべての人が正社員になれる格差のない社会づくり
  • アジアに貢献できる文化・若者交流の推進
→鳥越俊太郎の当選結果速報はこちら


増田寛也(無所属・自民党公明党日本のこころ推薦)

【略歴】
前岩手県知事、元総務大臣、元野村総研研究所顧問、東京大学院客員教授。

【政策】
  • オリンピック・パラリンピックを起点に中小企業を中心とする景気の向上、雇用の促進
  • 8000人の待機児童を早期解消
  • 妊娠、出産、産後、子育てを包括して支援
  • ICT/ロボット活用などで介護福祉の強化
  • 木造住宅密集地域の不燃化、耐震化
  • 国と連携して東京都のGDPを大幅アップ
→増田寛也の当選結果速報はこちら


立花孝志(NHKから国民を守る党)

【略歴】
前千葉県船橋市議会議員、元NHK職員(ジャーナリスト)。

【政策】
  • 東京都迷惑防止条例を改正し、悪質なNHK集金人個別訪問を規制
  • 受信料を払わなくてもいいように放送法の改正を目指す
  • NHKだけ映らないアンテナを設置して合法的に受信料の不払いができるように裁判中
  • ワンセグで受信料を払わなくてもいいことを確認するための裁判中
→立花孝志の当選結果速報はこちら


マック赤坂(スマイル党)

【略歴】
京都大学農学部卒。
伊藤忠商事25年勤務、レアメタル商社経営。

【政策】
  • 都議会議員の定数と報酬を大幅カット
  • 都職員に考課精度を導入し、能力給・信賞必罰を徹底、人員を20%カット
  • コスト削減の徹底(公用車廃止・エコノミークラス限定、グリーン車禁止)
  • 待機児童ゼロ、老人介護施設3倍増
  • 中学生以下と65歳以上に3万円支給
  • 東京全域バリアフリー化
  • 有害な抗うつ剤の使用禁止
  • 中小企業・商店街への助成金3倍増
  • 毎月8日をスマイルデーとし、都営交通を無料にする
→マック赤坂政策


上杉隆(無所属)

【略歴】
年齢:48歳
都政取材17年のジャーナリスト。
報道番組「ニューズ・オプエド」キャスター。
鳩山邦夫の元公設秘書、ニューヨークタイムズ東京支局元・取材記者。

【政策】
  • 知事給全額返上(約2,600万円/年 1期4年で約1億円)
  • 首都直下型地震対策(防災グッズを全660万世帯へ配布)
  • 都内養護老人ホーム待機者ゼロ
  • 都内保育所の待機児童ゼロ
  • 東京オリンピック運営費を当初のコンパクト案に
  • 横田基地軍民共用による多摩地域の経済発展
  • 東京サイバーシティ・セキュリティ構想(オリンピックに向けて)
  • オリンピックまでの地方法人税の再配分の凍結
→上杉隆の当選結果速報はこちら


宮崎正弘(無所属)

【略歴】
日本大学芸術学部映画学科卒。
映画監督、プランナー、脚本家。
現・日本大学芸術学部映画学科教授。
交通事故で片耳が聞こえなくなり障害者に。

【政策】
  • 児童虐待の改善
  • 高齢化、防災、財政、福島原発等、数々の問題の解決
  • プロデューサーシステムの実現(優秀な専門チームの構築)
  • 障害者目線でのバリアフリー化
→宮崎正弘政策


七海ひろこ(幸福実現党)

【略歴】
東京都生まれ、慶応義塾大学法学部卒。
元・大手通信会社勤務。
幸福の科学の奉職し国際局長、理事などを歴任。

【政策】
  • 東京都の「消費税5%特区」を実現
  • 法人税や固定資産税の減免を進めビジネスしやすい東京へ
  • 相続税の廃止
  • 容積率の緩和や空中権の活用などで東京を超高層都市にする
  • 不妊症や不育症に対する支援の実施・拡大
  • 待機児童の対策と子育てと仕事の両立を応援
  • 駅構内にエレベーターや授乳所、託児所の設置を推奨
  • 公共施設などのバリアフリー化を促進
→七海ひろこ政策


桜井誠(無所属)

【略歴】
在日特権を許さない市民の会創設者。
行動する保守運動代表。

【政策】
  • 都内に住む外国人生活保護の廃止
  • 都内の不法滞在者を半減
  • 反日ヘイトスピーチ禁止条例の制定
  • 朝鮮総連、民団施設への課税強化
  • 違法賭博パチンコ規制の実施
  • 韓国学校建設の中止
  • コンパクトな東京五輪の実施
→桜井誠の当選結果速報はこちら


今尾貞夫(無所属)

【略歴】
医師。
都立墨東病院にて35年勤続。
年齢:76歳

【政策】
  • 教育費の負担を減らして複数子を
  • 幼稚園・保育園の受け入れ態勢を整備
  • 高齢者を支援し、老後の生活・介護不安を解消する


    谷山雄二朗(無所属)

    【略歴】
    慶應義塾大学経済学部卒。
    Japan Broadcasting.net 株式会社 代表取締役CEO。
    「スコッツボロー ガールズ」監督。

    【政策】
  • 2020年に横田米軍基地を返還させ国際空港にする
  • 第一子100万、第二子200万、第三子300万
  • 全小学校に保育所併設
  • 羽田の24時間化
  • 羽田、成田に次ぐ第3の国際空港建設
  • 公募制で18歳の副都知事を適用

  • →谷山雄二郎政策


    後藤輝樹(無所属)

    【略歴】
    21歳の時に陸上自衛隊に入隊するも、組織のつまらなさに失望し22歳の時、1任期を待たずに退職。
    目黒区長、港区長、千代田区長選挙などに出馬するも、ことごとく落選。


    【政策】
  • 天皇を国家元首と定め、大統領制を導入
  • 道州制を導入し、八つの独立国に分離する
  • 参議院の廃止
  • 横田基地を返還し、首都圏の空の主権を回復
  • 排気ガス税を導入し、排気ガスゼロを目指す
  • 教育勅語と修身を必修化する
  • 東京都心の最低時給を1200円以上に
  • ベーシックインカム導入で低所得者に毎月8万円支給
  • 大麻を合法化させて大麻産業を復活
  • 通名制度などの在日特権を無くす
  • 千島列島、南樺太、竹島を取り戻す

  • →後藤輝樹政策

    スポンサーリンク



    中川暢三(無所属)

    【略歴】
    年齢:60歳
    信州大学経済学部卒。
    北条鉄道の社長時代に全国初のボランティア駅長制度を発案する。
    現在は一般社団法人兵庫総合研究所 政策顧問、早稲田大学パブリックサービス研究所 招聘研究員。

    【政策】
  • 一人当たり年間2万円減税、固定資産税10%減税
  • 地下鉄統合民営化
  • ICT、AI、ビックデータ、生体認証などで行政のイノベーション
  • G空間情報で防災技能を強化
  • 廃棄物、排熱、水熱、地下水、太陽熱の活用
  • 日本初のCCRCを整備
  • 議員の在職定年制度を導入

  • →中川暢三政策


    高橋尚吾(無所属)

    【略歴】
    東京都在住の32歳、独身。
    音楽大学付属の短大卒。

    【政策】
  • 政争主体の政治から政治行政を自分たちの手に
  • 少子化問題の解決
  • 表現と言論の自由を守り抜く東京都
  • 経済格差を子供たちの勉強や食育の格差とさせない政策
  • 都の主導による給付型奨学金の設立
  • 動物の殺処分を防ぐためのペットシェルターの推進

  • →高橋尚吾政策


    関口安弘(無所属)

    【略歴】
    年齢:64歳
    元空自、元平和党核兵器廃絶運動代表。
    2014年の都知事選には姫路けんじという名義で出馬。

    【政策】
  • 横田基地の返還を実現し、西東京を舞台に国際最高会議場群に
  • 日本国憲法の原文の基本を維持し、追加修正を加える
  • 都心部のヒートアイランド化の加速を是正
  • 青少年自殺や鉄道自殺を放置する社会を変える
  • 「東京大空襲犠牲者」への国による遺憾の意の政府声明を要求

  • →関口安弘政策


    山口敏夫(国民主権の会)

    【略歴】
    政治団体国民主権の会代表で労働省職員。
    「政界の牛若丸」や「珍念」「隙間政治家」などの愛称がある。

    【政策】
  • オリンピック関係予算の無駄遣い阻止
  • 森喜朗組織委会長ら幹部役員の総退陣を求める
  • 男女賃金格差30%の均等化の実現
  • 低額厚生年金、国民年金月額5万円を最低受給額10万円へ引き上げる

  • →山口敏夫政策


    山中雅明(未来創造経営実践党)

    【略歴】
    年齢:52歳
    学校法人東京IT・会計専門学校 税理士学科卒。
    株式会社Future Creation・マネジメント代表

    【政策】
  • 民間人登用制度を確立し、政治を庶民の手に取り返す
  • 中小・零細企業都市観光支援課を設置する
  • 海上交通(隅田川等)の充実を図る
  • 未利用遊休不動産及びシルバー人材の積極的活用
  • 待機児童問題の早期解消

  • →山中雅明政策


    岸本雅吉(無所属)

    【略歴】
    歯科医師・歯学博士、鍼灸師。
    医療法人メディア銀座コア歯科・矯正クリニック理事長。

    【政策】
  • 医食住を安定させ「人も経済も健康な東京」へ
  • 介護者、介護施設に負担の少ない医療施策を充実させる
  • 生活保護制度に不妊治療と子ども手当を新設する
  • 小学校・中学校時代に「徴農制」を導入する
  • 東京オリンピック後、施設を「健康都市・東京」の礎に活用

  • →岸本雅吉政


    望月義彦(無所属)

    【略歴】
    慶応義塾大学理工学部卒。
    東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。
    米国 Cray Research,Inc.勤務。

    【政策】
  • 居心地のいいい持続可能なコミュニティの形成(ワークライフバランス)
  • 人を育てる教員の養成(教育ICT、瞑想教育)
  • ゼロエミッション都市(燃料電池自動車、蓄エネルギー)
  • 日本の他の地域や世界中とコラボ(ものづくり、デザイン等)

  • →望月義彦政策


    武井直子(平和党)

    【略歴】
    年齢:51歳
    無職。

    【政策】
  • 自衛隊は憲法に違背する戦力にて廃止
  • 防衛省も廃止し救護省へ設立再編する
  • 天皇制内閣大臣制を廃止し大統領制を導入

  • →武井直子政策


    内藤久遠(無所属)

    【略歴】
    年齢:57歳
    都立航空高等専門学校 機体工学科卒。
    元自衛官、現在無職。

    【政策】
  • 24時間対応の「悩み苦情相談電話」の設置
  • ツールド関東・甲信越の開催
  • 東京電力の都営化
  • 都知事の給料を2分の1にする
  • 東京の人口を現在の2分の1にする

  • →内藤久遠政策


    スポンサーリンク



    kanazawaoden


    コメントを残す

    このページの先頭へ