妊娠力アップ!大島美幸さんもおすすめの妊活アロマ


2015-02-22_232050
Photo by Ayako Harrison


最近、妊活という言葉をよく聞くようになりましたね。
それだけなかなか妊娠できないで悩んでいる女性が増えたということなんでしょうね。

いつか赤ちゃんが欲しいな、と思っている方、
色んな方法を試されたと思うのですが、
アロマテラピーで妊娠力をアップできるって知ってましたか?


森三中の大島美幸さんも、実際に試されて効果を実感されたようです。

でも、アロマって「妊婦さんは使わないこと」
って書いてあるものも結構ありますよね。
「アロマで使う精油って大丈夫?」っていう疑問などあると思います。

そのあたりも含め、妊活アロマについて迫っていきたいと思います。


スポンサーリンク



アロマテラピーと妊娠力の関係性

アロマテラピーとは、植物から抽出した精油(エッセンシャル)を
美容や健康に役立てる自然療法です。


ホルモンを司るのは大脳の下の視床下部というところなのですが、
精油の香りはそこにダイレクトに届いて、
ホルモンの分泌や自律神経のバランスをとってくれます。
そのため、産婦人科などで積極的に取り入れられているんですね。


妊活中にアロマって大丈夫なの?

妊活中にアロマやっても大丈夫なの?と心配な方もいると思います。
使うエッセンシャルによって色々な効能があるので注意が必要ですが
妊活中に安全とされるものを使用すれば問題ありません。

※通経作用のある精油は、妊娠の可能性のある時は使用しないでください。

【通経作用のある主な精油】

カモミール、ジュニパー、フェンネル、ラベンダー
バジル、クラリセージ、ジャスミン、マージョラム
ペパーミント、ローズマリー、セージ、ヒソップ、没薬



スポンサーリンク



妊活におすすめのアロマエッセンシャル

妊活におすすめのアロマはたくさんあるのですが、
その中でも特におすすめしたいアロマエッセンシャルをご紹介します。


イランイラン
Ylang-Ylang Flowers

女性ホルモンの分泌を高める働きがあります。
とてもセクシーな香りで、生理前後の鬱っぽい気分も解消してくれます。


ジンジャー
ショウガ

妊活にとって最大の敵「冷え」から守ってくれる精油。
血流を良くし、体を温めてくれます。
胃腸を元気にしてくれ、消化を助ける働きがあります。


カモマイル・ローマン
ローマン・カモミール

ホルモンバランスにはかかせない、質のいい睡眠をとりたい時はこれがおすすめ!
片頭痛や腹痛などを和らげたい時に役立ちます。


オレンジ・スイート
Fresh orange

子宮をじんわり温めてくれます。
気持ちを明るくしてくれる作用があるので、
ちょっと落ち込んだ時なんかにはこれがおすすめです!


まとめ

ジンジャー、イランイラン、オレンジ・スイート、カモマイル・ローマン、
こちらの精油でしたら妊活中でも安心ですので、ご自分の好みや
その時々の気分によってうまく使い分けていただければと思います。

妊娠力を上げるには、何はともあれ気分を明るくして
体を温かく保つことが大切です。


どうしても気分が落ちてしまう時には、
お好きなアロマを焚いて気持ちをリセットしてみましょう!


スポンサーリンク




kanazawaoden


コメントを残す

このページの先頭へ