【猫の気持ち】春先に多いヒステリックな鳴き声の意味はなに?

Pocket

春先によく聞こえてくる
ヒステリックな鳴き声を
聞いたことがあるかと思います。

なんであんなに激しく鳴いているのか
不思議に思ったことはありませんか?

その鳴き声の意味について
解説していきたいと思います。


スポンサーリンク


春は恋の季節

春先といえば猫にとっては発情期で
メス猫がさかりの鳴き声を出して
オス猫を誘っているのです。

その声を聞いたオス猫が
鳴き声をまねて応えていきます。
それにまたメスが応えて、というふうに
この攻防が重なって春先の猫の騒々しさを
演出しているということなんですね。




つまりは、
猫のヒステリック鳴き声を聞いたら
猫の発情期の始まりなんだなぁと
思ってもらえればいいと思います。


オス猫には発情期はない!?

実はオスには発情期というものは
ありません。
オスは発情したメスの鳴き声や
匂いに反応して興奮するのですが、
生殖自体は1年中できるので
いつでもOKですよという感じなんです。


ちなみにメスが初めて発情を迎えるのは
生後5~9ヶ月くらいで、
繁殖のピークがだいたい
2~8歳くらいなんですが
25歳を超えてから妊娠した例も
あるんだとか。

その一方で、
オスが性的に成熟を迎えるのが
生後9~12ヶ月くらいになります。
繁殖能力はだいたい
15歳くらいまでなんですが、
性行動それ自体は死ぬまであって
27歳のおじいちゃん猫でも
観察されたのだそうです。


スポンサーリンク


メス猫のフェロモン大作戦!

メス猫は発情期が始まる少し前から
オスに対してアピールを始めます。

メスの発情行為は
鳴き声をあげてオスを誘うほかにも、
いくつかあるんですよ!

  1. いろんなものに体をこすり付ける
  2. 体をくねらせて地面を転げ回る
  3. いたるところにオシッコをする

このようなことをして
発情中のサインでもある性フェロモンを
あちこちに残して近所のオス猫を
引き付けるんです。

しかし、この段階ではまだ
オスを受け入れる準備ができていないため
オスが近寄って交尾をしようとしても
メス猫がオスを攻撃して追い払ってしまいます。
この時期を「発情前期」といって2~3日ほど続きます。

それが終わって発情期を迎えると、
メスはおしりを持ち上げたり
しっぽをよけて外陰部を見せるようになるんですね。


まとめ

春先に聞こえてくるあのヒステリックな
猫の鳴き声の正体は「恋の季節」だったということです。

発情前期から発情期にかけてのメスの態度は
オス猫からするとまさに「ツンデレ」というやつですね!

なんだかおもしろいですね~
猫の世界も。


スポンサーリンク

Pocket



コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

Rakuten

Amazon

このページの先頭へ