ママの間で話題沸騰中の「寝相アート」が可愛いすぎた♪


DSCF1918

「寝相アート」って何?って方が多いと思いますが、今ママさんたちの間で密かにブームになっているようなんです。

まず、自分の子どもが寝ている姿に可愛い服や小物を使って背景をデコレーション。
それをママがイスなどを使って上から撮影するというもの。


アイディア次第ですごくおもしろいアート作品ができちゃいます。
寝相アートの他に、「おひるねアート」や「赤ちゃんアート」などの言葉がありますが、どれも内容は同じもののようです。

 

スポンサーリンク


 

なぜ寝相アートがこんなに広まったのか?

  • 月齢の記録になる
  • ママがお家にいても楽しめる
  • お家にあるものだけでできる
  • 単純に可愛い
 



月齢の記録になる

アート作品の中に小物などを使って数字を作れば、子どもが生後何日目か、何歳の時なのかということが一目で分かりますね。

 

ママがお家にいても楽しめる

子どもが生まれてすぐの時なんかは、ママはなかなか外出するのが大変だし、億劫になって家にいる時間が長いと思います。

寝相アートの良さは子どもが寝ていれば、お家の中でいつでもできるということ。
寝ていなくても工夫次第では色々とできちゃいそうですよね。

 

お家にあるものだけでできる

寝相アートは何といってもお金をかけなくてもできるということです。

出産、育児の過程で何かと出費が多くなる時期ですから、なるべくお金を掛けたくないというのがママの率直な気持ちだと思います。
お家にある服、帽子、タオルケット、日用品など、なんでもいいですね。

ほんと、アイディア次第でママのオリジナル作品ができるということが寝相アートの醍醐味ですね。

 

単純に可愛い

私も子どもを育てる親なので、このような作品を見ると単純に「可愛いなぁ」と思ってしまいます。

ユニークな作品も多くて、思わずにんまりしてしまいますね。
ご自身のお子さんの写真ならなおさら愛おしさが倍増するのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

寝相アートのやり方

  1. テーマを決める
  2. 撮影に使う服や小物を準備する
  3. そーっと忍び寄る
  4. 上から撮影する
  5. できた写真を見てニヤニヤする
 



テーマを決める

まずは、どんな世界観で、どんな背景にするかを頭でイメージします。
その際にお家にある物で再現可能かどうかをちゃんと確認しておきましょう。

 

撮影に使う服や小物を準備する

決めたテーマに沿って使う服や小物をあらかじめまとめておきましょう。
上のお子さんがいる場合、一緒に探せば思わぬアイディアが出てきそうですね。

 

そーっと忍び寄る

あくまでも子どもが寝ているということをお忘れなく。起こして泣いてしまったら元も子もないてすからね。
そーっと忍び寄ってそーっとセッティングしましょう 笑

 

上から撮影する

子どもが寝ている回りの風景が撮影の対象になりますので、なるべく真上から撮れるようにイスや台座等を使って上から撮影しましょう。

今は持ってる方が多いと思いますが、なるべくなら解像度の高いデジカメで撮ると良いですね。
最近はスマホのカメラも画素数が高いものが増えてきてますので、なければスマホでもいいと思います。

家族にとって記念になる写真なので、できるだけ綺麗な画像で残したいですね。

 

できた写真を見てニヤニヤする

この項目は言うまでもないですね。
自分のイメージ通りの良い写真が撮れたら、だれでも思わずニンマリしてしまうのではないでしょうか。

わが子を主役に撮った寝相アート作品は家族にとっての宝物になりそうですね。

 

ベビー コスチューム 寝相アート ハロウィン かたつむり ベビー服 記念撮影 赤ちゃん 毛糸 ハンドメイドコスチューム Disney ディズニー 写真撮影用 衣装 誕生記念 赤ちゃん服 仮装 かわいい コスプレ 着ぐるみ 靴  出産祝い
 

赤ちゃんにもマナーを忘れずに!

あくまでも子どもが寝ているところを撮影するので、騒がしくしたりとか、強い光りを当てたりだとか、おひるねの妨げになるようなことはしないようにしましょう。

寝相アートに慣れて楽しくなってくると、ママ本位になって子どものことを忘れがちになってしまっては本末転倒です。
赤ちゃんにも最低限のマナーで接してあげてくださいね。

 

寝相アートで年賀状っていいかも

子供の寝相アート作品がいい感じに撮れたら、その写真で年賀状にしたくなりますね。
両親や親戚に送ったらすごく喜ばれそうですよね。

2015年は未年なので、ひつじのかぶり物で撮影しても面白そうですね!
私も挑戦してみようと今から画策しております。

皆さんもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ